読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋 駒落ち 上達への道

駒落ちについて考えるブログです。

香落ち 四間飛車①

香落ち

香落ち上手四間飛車vs下手居飛車

 

初手から

△3四歩▲7六歩△4四歩▲2六歩△4二飛・・・と進めるのが普通ですが、

△3四歩▲7六歩△4二飛(図)とする手もあります。

f:id:shogi81komaochi:20170227160016p:plain

これは上手が△4四歩と角道を止めて相振り飛車にするのを嫌った意味があります。

対して下手が▲2六歩と居飛車で来れば、△4四歩(図)と通常の四間飛車に戻ります。

ちなみに、角交換四間飛車もなくはないですが、角交換をすると上手のほうがまとめづらい印象です。

f:id:shogi81komaochi:20170227155650p:plain

△4四歩からの相振りと、△4二飛からの相振りのどちらが指したいかは好みでしょうね。本記事のように下手が居飛車なら関係ないですが。

 

・上手美濃囲い

f:id:shogi81komaochi:20170227161456p:plain

まずは上手が美濃囲いの場合をみていきます。

対して、定跡書では下手が急戦が基本ですが、持久戦も考えられます。

上手△4四銀型、下手居飛車穴熊で仮に進めてみました。(図)

f:id:shogi81komaochi:20170227161611p:plain

下手が▲1六歩と突いたときに△1四歩と受けたら、▲1五歩と突っかける手があるので、香落ちを生かせないこともなく。

香落ちで持久戦は下手損と一般的には言われますが、実戦的に勝ちやすく有力だと思いますよ。

上図は仮想局面ですが、上手ももっと早く動いたり様々な工夫ができると思います。

 

・下手急戦

次に下手が急戦の場合をみていきます。

f:id:shogi81komaochi:20170227163255p:plain

図は下手が▲1六歩と突いたのに対し、△1四歩と受けた局面です。

上手の四間飛車では△1四歩と端歩を受けることが一般的です。

が、受けない手も考えられます。

f:id:shogi81komaochi:20170227163914p:plain

▲1四歩△同歩▲同香と攻める手はありますが、△1三歩▲同香成△同桂▲1八飛△1二飛の進行でどうか。三間飛車と似た変化で、これは難しい形勢だと思います。

端歩を受けない手も十分考えられるでしょう。

 

本譜は端歩を受けてみました。やっぱりよく指されるので。

f:id:shogi81komaochi:20170227165226p:plain

ここから有名な作戦は2つあります。

①▲7七銀△4三銀▲7九角 と進めるのが引き角作戦。

f:id:shogi81komaochi:20170227165529p:plain

△2二飛と受けて(▲1五歩△同歩▲2四歩は△同角▲同角△同歩▲1五香△2五歩で大丈夫)どう指すか、という局面です。

 

②▲5七銀左△6四歩▲3六歩△6三金▲3七銀△5四歩 と進む棒銀作戦も有力。

f:id:shogi81komaochi:20170227170013p:plain

以下▲2六銀と出て、△4五歩▲3三角成△同 銀▲3七銀と、角交換をして上手はまとめづらくないですか?とじっくり指すのが一案。

また、▲1五歩△同歩▲2四歩とすぐに仕掛けるのも有力です。

以下△同歩なら▲1五香、△同角なら▲2六銀と攻めます。

 

上手も△3二銀で待つか、△4三銀と上がるかなど工夫して指すことができます。

どの作戦で来てもすぐに潰れるということはなく、上手の四間飛車も優秀な作戦です。

香落ち 3手目△5四歩(大野流向かい飛車)①

香落ち

香落ち 3手目△5四歩(大野流向かい飛車)の指し方を紹介しましょう。

 

初手から

△3四歩▲7六歩△5四歩

この手を初めて見られた方は少しびっくりするかもしれません。

この指し方は「大野流向かい飛車」というらしいです。

※ちなみに3手目△5四歩って書きましたが、初手△5四歩でも▲7六歩に△3四歩とつけば同じ局面になります。

 

しかし平手でも香落ちでも、中飛車にするなら初手▲5六歩が普通で、▲7六歩△3四歩▲5六歩と突く人はあまりいません。なぜか。

 

▲2二角成△同飛▲5三角

そう、この手があるからです。次に角成を受けることができません。

ですから先手番でゴキゲン中飛車を指すときは、▲1六歩の端歩の一手を入れて飛車先の歩を突かすというのがよくある指し方です。(参考図)

 f:id:shogi81komaochi:20170226203039p:plain

これなら△8八角成▲同飛△5七角は▲6八角で受かるという寸法です。

 

香落ちに戻ります。
△4二銀▲8六角成

f:id:shogi81komaochi:20170226205413p:plain

では、馬を作られたら駄目なのでしょうか?いいえ、ケフィアです。じゃない。

平手でもたまに指される作戦ですし、香落ちだとかえっていいくらいです。

 

試しに適当に進めてみましょう。

テキトーに進めて、こんな局面になりました。どうでしょう。

f:id:shogi81komaochi:20170226210022p:plain

この局面は、上手がまずまずです。

下手は香落ちを生かせていません。

上手からは44に角を打って△2六歩から飛車交換を狙う手などがありますが、そういう展開になってくると、逆に香落ちでよかったぐらいです。取られないので。

あとこの戦型で重要なのは86の馬です。よく働くか、かえって目標となってしまうかがポイントとなります。

 

下手はもう少しうまく駒組み出来そうではありますが、力戦になるので香落ち上手お勧めの作戦です。

 

香落ち 3手目△5四歩(大野流向かい飛車)② 

では下手が▲2二角成△同飛▲5三角と指さない手を考えていきます。

香落ち 三間飛車②

香落ち

前回は上手三間飛車vs下手居飛車急戦の基本的な仕掛けをちょこっとみてみました。

shogi81komaochi.hatenablog.com

今回は上手三間飛車の様々なバリエーションに触れてみたいと思います。

 

まず前回の形は△8二玉△4一金型でした。

f:id:shogi81komaochi:20170226161731p:plain

他に△7一玉△5二金左型という形もあります。

f:id:shogi81komaochi:20170226165639p:plain

ほとんど違わねえじゃねえか、というツッコミが聞こえてきそうですが、金が連結しているというメリットがあります。

以下▲1四歩△同歩▲同香△3六歩(図)

f:id:shogi81komaochi:20170226170333p:plain

金を52に上がっているので△3六歩に代えて△1三歩~△1二飛はやりづらくなっています。よって△3六歩から捌いていく感じで難解です。

 

・△4三銀型

f:id:shogi81komaochi:20170226171700p:plain

銀を43に上がる手もあります。銀が42か43かという違いでまったく別の将棋になります。

ほっとくと△5一角~△3四飛と石田流に組む手がありますので、急戦志向なら▲4六歩(図)と突いて△5一角には▲4五歩をみせる指し方が多いです。

f:id:shogi81komaochi:20170226172514p:plain

以下囲いあって▲4五歩から仕掛けるという将棋になりそうです。

 

・△3四銀型

f:id:shogi81komaochi:20170226172719p:plain

そして上手が▲4五歩からの仕掛けを嫌うなら、△3四銀と上がる手もあります。

それでも下手は▲4五歩△同銀▲1四歩と仕掛ける手もありますが、△3四銀と上がらせたことに満足して持久戦にシフトする手もあります。

 

ざっと香落ちの上手三間飛車の形を紹介してみました。

香落ち上手を持って軽く捌いてみたいあなたは三間飛車を指してみてはいかがでしょうか。

 

香落ち 三間飛車①

香落ち

香落ち定跡の王道は、上手三間飛車vs下手居飛車急戦です。

f:id:shogi81komaochi:20170226160601p:plain

それに対して居飛車は急戦で挑むのが多いですね。

もちろん持久戦も有力なんですが、将来的に飛車角交換の捌き合いになると上手の香がいないのがプラスに働く可能性もあります。

しかし急戦は急戦で上手の待ち受けるところ、という感じもするので、好みによると言えるところです。

 

・もっともポピュラーな仕掛け

f:id:shogi81komaochi:20170226161731p:plain

上図は定跡書に載っているような、上手三間飛車vs下手居飛車急戦の基本形です。

ここから▲1四歩△同歩▲同香(図)と進めるのがポピュラーな仕掛け。

f:id:shogi81komaochi:20170226162405p:plain

これに対し

△3六歩(図)と捌き合いの方針でいくのが一案。

f:id:shogi81komaochi:20170226162749p:plain

ここで▲同歩なのか▲2四歩と突き捨てるのか……変化は多岐にわたります。

 

また▲1四歩△同歩▲同香の局面で△1三歩も有力です。

以下▲同香成△同桂▲1八飛△1二飛(図)

f:id:shogi81komaochi:20170226163219p:plain

定跡書だと▲1四飛△3二金▲4六歩から腰掛け銀にして4筋を狙って下手有利と書かれていますが、形勢は難解だと思います。個人的に。

あと△1二飛では△2五桂もあり、その変化も難しいです。

 

・端歩の交換

f:id:shogi81komaochi:20170226164027p:plain

仕掛けの前に端歩の交換を入れるのか、という問題もあります。

下手側からすると、上手の玉が広くなるというデメリットもありますが、桂とか歩が何枚か入った時にいつでも▲9五歩と突けるメリットがあります。

感覚的なところなので判断は難しいです。

 

香落ち 三間飛車②に続きます。

shogi81komaochi.hatenablog.com

 

香落ちについて

香落ち

「香落ち」は将棋道場だと2階級差の手合いです。二枚落ちや飛車落ち、角落ちに比べると皆さんあまり馴染みのない手合いかもしれません。

 

香落ちと言えば、升田幸三が名人に香をひいて勝った有名なエピソードなどがありますが、話すと長くなるので、カッツ・アイ。

数年前の将棋世界の企画ではトップ棋士と新四段の指し込み2番勝負で香落ちが指されたこともありました(結果は上手から見て2勝4敗)。

奨励会では、2階級差は香落ち、1階級差は平香交じりの手合いで行われるので、

「香落ちを制する者は奨励会を制す」なんて言葉があるくらい香落ちは重要です。

 

このブログでは、香落ちを指すときの参考になれば、と様々な戦型を(ざっくり)紹介します。

 

戦型を分類して書いてみましたので、興味があればご覧ください。

もちろんここに書いてない指し方もあるでしょう。

定跡にとらわれない自由な指し方を探してみてください。

 

 

三間飛車

香落ち 三間飛車① - 将棋 駒落ち 上達への道

 

四間飛車 

香落ち 四間飛車① - 将棋 駒落ち 上達への道

 

中飛車

 

向かい飛車

 

一間飛車(△1二飛)

 

3手目△5四歩(大野流向かい飛車)

香落ち 3手目△5四歩(大野流向かい飛車)① - 将棋 駒落ち 上達への道

 

振り飛車

 

その他の戦型(右玉、上手居飛車など)

銀多伝③〜知られざる必勝法?その2〜

前回の記事の続きです。

shogi81komaochi.hatenablog.com

 

 

第2図の局面で、△5四歩▲5六飛と進むと上手が困っていることが分かりました。

f:id:shogi81komaochi:20170207151629p:plain

 第2図以下の指し手②

△7五金(第10図)

f:id:shogi81komaochi:20170207152654p:plain

 △7五金は▲5六飛を警戒した手で、定跡書では第10図で▲5九飛と引くと書いてあるんです。それも普通です。

しかし、いや待てよ。私は考えました。

 

これに対しても▲5六飛(第11図)と引く手がある、と。

f:id:shogi81komaochi:20170207152852p:plain

おそらくどの定跡書にも載っていない手です。

ここで △5四歩と受けたら▲7七桂(再掲5図)と跳ねて、上手が困ると書いた局面に合流します。

f:id:shogi81komaochi:20170207151848p:plain

 第11図以下の指し手

△6五金▲5九飛(第12図)

f:id:shogi81komaochi:20170207152952p:plain

次に▲7七桂と跳ねられると困るので、△6五金と飛車に当てて金を逃げます。

下手は飛車を1番下に引きます。

 

第12図以下の指し手

△5四歩▲7七桂(第13図)

f:id:shogi81komaochi:20170207153031p:plain

12図で上手の指し手が難しい。5筋を素通しにしておくのは怖いので△5四歩と受けるのが普通ですが、そこで▲7七桂と跳ねます。

 

そこで△7五金と逃げると▲5六飛で、あれれどこかで見た局面……ってさっきと同じではないですか。

f:id:shogi81komaochi:20170207151848p:plain

第13図以下の指し手

△7六金▲5六飛△7五歩(第14図)

f:id:shogi81komaochi:20170207153141p:plain

という訳で△7六金と逃げますが、▲5六飛と浮いて△7五歩と突くしかありませんが……。

 

第14図以下の指し手

▲8五桂△同桂▲7七歩(第15図)

f:id:shogi81komaochi:20170207153233p:plain

▲8五桂と捨てて▲7七歩が3手1組の好手順。

 

第15図以下の指し手

△同桂成▲同金△同金▲同角(16図)

f:id:shogi81komaochi:20170207153347p:plain

下手の金と桂馬が捌け、次に▲8六飛や▲9五角の狙いがあります。

 

第16図以下の指し手

△8四歩▲9五角△8五金▲6八角(17図)

f:id:shogi81komaochi:20170207153446p:plain

 △8四歩は▲8六飛と▲9五角の両方を受けた手ですが、それでも▲9五角と出ます。

△7四玉と歩を受けると、▲6六桂△8三玉▲7四金と上から押していくことができます。

本譜は△8五金と受けましたが▲6八角と引いて17図。

 

下手からは次に▲6六桂と打って(▲7四金と▲5五歩の狙い)△6二桂の受けに、▲7四歩と打つ手があります。

(△同桂なら▲同桂△同玉にもう1回▲6六桂と打ち、玉が下がれば▲7四金から攻めていけます。)

金と桂を持ち駒にしているので攻め筋がたくさんあり、下手成功でしょう。

 

というわけで

△7五金にも▲5六飛(第11図)と引いて、下手がうまくいくでしょう。

f:id:shogi81komaochi:20170207152852p:plain

定跡書にはない(と思われる)手ですが、上手が受けるのは困難です。

銀多伝②〜知られざる必勝法?〜

前回の記事の続きです。少し手順が長くなるので、盤に並べてみるとよりわかりやすいかもしれません。

shogi81komaochi.hatenablog.com

 

前回の最後、▲9八香と上がった局面です。

f:id:shogi81komaochi:20170207151507p:plain

 

△2四歩 ▲3七桂△2三銀 (第1図)

f:id:shogi81komaochi:20170207151555p:plain

上手は壁銀を解消してきました。

下手は▲3七桂と跳ねて、銀多伝の囲いが完成しました。

 

第1図以下の指し手

▲5五歩 △同 歩 ▲同 飛(第2図)

f:id:shogi81komaochi:20170207151629p:plain

そして下手は5筋の歩を交換します。歩を持ち駒にするのは結構大きい手です。

 

第2図以下の指し手①

△5四歩(第3図)

f:id:shogi81komaochi:20170207151741p:plain

まずは△5四歩と上手が平凡に受ける手を見ていきます。

 

第3図以下の指し手

▲5六飛(第4図)

f:id:shogi81komaochi:20170207151820p:plain

代えて▲5九飛(変化A図)も普通です。全然普通。

f:id:shogi81komaochi:20170208123606p:plain

元の58の地点に戻るより、1番下に引く方が①飛車の横効きが通っている②当たりを避けている、という点で数段優れています。

 

ですが、この場合▲5六飛と中段に引く手も面白いのです。

 

第4図以下の指し手

△7五金▲7七桂(第5図)

f:id:shogi81komaochi:20170207151848p:plain

▲5六飛は金取りなので、上手は△7五金と逃げるしかありません(△7五歩は▲7七歩があります)。

そこで▲7七桂!が継続の一手。これがあるから▲5六飛と引いたのです。

上手の金を逃げれないようにして、次に▲7六歩と金を殺す手を狙っています。

 

第5図以下の指し手

△6五桂▲6六歩△7七桂成▲同 金(第6図)

f:id:shogi81komaochi:20170207151951p:plain

上手は△6五桂と跳ねる手をひねり出しました。

そこで普通に▲同桂△同金と取ると、上手の金が助かってしまいます。

▲6六歩が好手。77の地点で桂馬を交換した第6図を見てください。先ほどと同様に上手の金が息苦しいですね。

次に▲7六歩(または▲6七桂)で金を取る手を狙っています。

 

第6図以下の指し手

△6五歩▲6七桂△6六金▲同 金△同 歩▲同 飛△6四歩▲6五歩(第7図)

f:id:shogi81komaochi:20170207152054p:plain

上手は△6五歩と突きましたが▲6七桂がさらなる好手。

え、△6六金▲同 金△同 歩でただの金交換じゃないかって?

下手はさらなる継続の一手を用意していました。それが▲6五歩!です。

 

第7図以下の指し手

△7三桂▲6四歩△同 銀▲5五桂△同 歩▲同 銀 (第8図)

f:id:shogi81komaochi:20170207152156p:plain

▲6五歩に△同歩と取ると▲同飛(王手)で、△6四歩と受けたら▲8五飛とこちらに行くことができます。飛車の成り込みが受からないのです。

かといってほっとく訳にもいきません。

△7三桂は▲6四歩△同 銀の局面で▲6五歩を受けた(△同銀と取れる)一手ですが、そこで▲5五桂が必殺の一手!

数手前に金取りに打った桂馬がここで活躍しました。

第8図となっては超絶怒涛の下手の攻めが炸裂しています。イエェェェーイ!!

 

第8図以下の指し手

△6五歩▲5六飛 △5五銀▲同 角△5四歩▲6四金(第9図)

f:id:shogi81komaochi:20170207152531p:plain

第9図で△5二玉と逃げますが▲5四金と歩を取り返して下手大優勢です。

自然に上手玉を下段に落とす攻めになっていて、飛車も角もよく働いています。

 

△6五歩のところ、△6五金と受けても▲5四金△5二玉▲6四銀と銀を取って、△6六金と飛車を取られても▲同角(参考B図)と取り返して下手大優勢です。

f:id:shogi81komaochi:20170208132016p:plain

下手は金銀をたくさん持っていて、上から押しつぶしていけば勝てそうです。

 

結構長い手順となってしまいましたが、

下手は▲5六飛(第4図)の局面からひたすら上手の金を取ろうとし、上手は駒損しないように頑張って金を逃げていましたが、気付いたら下手の攻めが決まっていました。

f:id:shogi81komaochi:20170207151820p:plain

どうやら▲5六飛の局面では上手は困っているようです。

裏技のような手ですが、一本道で上手が変化するのは難しいのです。

 

というわけで次回はその直前の第2図に戻って

f:id:shogi81komaochi:20170207151629p:plain

△5四歩に代えて△7五金(第10図)と金を引く手を見ていきます。

f:id:shogi81komaochi:20170207152654p:plain

しかしこれでも下手は用意の順があるのです。

 

上手、お前はもう死んでいる……。……はず。