読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋 駒落ち 上達への道

駒落ちについて考えるブログです。

銀多伝①基本の駒組み

「銀多伝(ぎんたでん)」の定跡を見ていきましょう。

前回の記事 二枚落ち定跡 はじめのはじめ - 将棋 駒落ち 上達への道 の続きです。

f:id:shogi81komaochi:20170207142313p:plain

銀多伝定跡

▲5六歩△7四歩▲6八銀△6二金▲5七銀△7三金▲4六銀左(第1図)

5筋を突いて左の銀を斜めに繰り出します。

f:id:shogi81komaochi:20170207142932p:plain

第1図以下の指し手

△8四金▲5八飛△7三桂▲4八玉△8五金▲3八玉△7六金▲7八金(第2図)

f:id:shogi81komaochi:20170207143936p:plain

そして飛車を5筋に持ってきて、玉を右に囲いましょう。

え?上手の金がニョキニョキ出てきたって? △7六金と歩を取られたら▲7八金と守っておけば大丈夫。

 

銀多伝をするときは、盤面の右側は下図を目指しましょう。平手ではなかなか見ない囲いですが、二枚落ちでは優秀です。銀が縦に並んでいるから、銀多伝と言うらしいです。よく分かりませんが。

f:id:shogi81komaochi:20170207143336p:plain

とにかく、この形をしっかり覚えて、これを目標に駒を動かしていきましょう。

 

指し手に戻ります。

第2図以下の指し手

△8四歩▲4八金△8五歩▲9八香(第3図)

f:id:shogi81komaochi:20170207144207p:plain

▲4八金と上がって囲いが引き締まりました。

そして先ほどの完成形にするため次に▲3七桂と指したくなりますが、

注意すべきは△8五歩△8五歩▲9八香と覚えましょう。

 

▲9八香と上がる前に▲3七桂とすると、以下△8六歩▲同 歩 △8七歩▲7九角(変化A図)となります。

f:id:shogi81komaochi:20170207150003p:plain

 角筋を逸らされると上手の釘付けになっていた金銀もほぐれ、厄介です。

▲9八香と上がってあると、同じように進んだ時に最後▲9九角(変化B図)とこちらに引けて角筋をキープできます。

f:id:shogi81komaochi:20170207150240p:plain

 

第3図あたりから上手の指し方が分かれるので、次の記事へ進みます。

 

二枚落ち定跡 はじめのはじめ

二枚落ち

駒落ちの王道とも言える二枚落ち。

将棋道場だと6~7段級差くらい、プロ棋士とアマ三段くらいの手合いでしょうか。

 

今から二枚落ちの定跡を見てきましょう。

f:id:shogi81komaochi:20170207102843p:plain


手合割:二枚落ち

初手から

△6二銀▲7六歩△5四歩(第1図)

f:id:shogi81komaochi:20170207102901p:plain

上手の手は人によって多少異なりますが、そんなに気にしなくて結構です。

さて、ここで有名な二枚落ち定跡の手があります。知ってる方も多いかもしれません。

「え?何のこと?」という方は瞬きなしでご覧ください。

 

・・・

 

・・・

 

▲4六歩△5三銀▲4五歩(第2図)

f:id:shogi81komaochi:20170207115408p:plain

この▲4六歩~▲4五歩というのが二枚落ちを指すうえでとっっても重要な手です。

狙いは上手に△4四歩と突かせないことです。

進んでみると分かるのですが、上手の金銀を前に出させず制圧する効果があります。

 

第2図以下の指し手
△3二金▲4八銀△5二玉▲4七銀(第3図)

f:id:shogi81komaochi:20170207120744p:plain

「位を取ったら位の確保」の格言通り下手は右の銀を繰り出していきます。

 

 第3図以下の指し手

△6四歩▲3六歩△6三玉▲3五歩△2二銀(第4図)

f:id:shogi81komaochi:20170207120951p:plain

そして今度は▲3六歩▲3五歩と4筋に続いて3筋をズンズン突くのがいい手です。上手は「壁銀」と言って非常につらい形ですが△2二銀と上がらないといけません。泣きたいぐらいです。顔には出してこないでしょうが。

しかし、もし△2二銀と上がらず△7四歩などと指せば、

以下▲3四歩△2二銀▲3三歩成△同 銀▲3四歩△2二銀(変化A図)

となって、下手の角筋が通っている分上手はよりつらいです。泣

f:id:shogi81komaochi:20170207121439p:plain

さて、ここまでの手順を振り返ってみると

①▲4五歩と突く

②右銀を繰り出し位を支える

③▲3五歩と突く

 

たったこれだけですが、下手はぐっと勝ちに近づきます。

 

初めに戻って▲4六歩と突かない手も悪手ではありません。

例えば▲4六歩に代えて▲2六歩とかも普通です。

 

以下適当に進めてみましょうか。テキトーに。
▲2六歩△5三銀▲2五歩△3二金▲4八銀△4四歩▲6八玉△4二銀上▲7八玉△4三銀▲5六歩(参考図)

f:id:shogi81komaochi:20170207123528p:plain

そして再び第4図。

f:id:shogi81komaochi:20170207120951p:plain

比べてみると参考図のほうが上手の金銀が中央に集まっていて効率良く使われてしまいそうです。と言ってもまだ数手なので分かりにくいですかね。

 

第4図から、この先解説する有名な定跡の1つ「銀多伝」に進めてみます。こんな感じ。

f:id:shogi81komaochi:20170207124140p:plain

4筋5筋の位が上手陣を制圧しているのが一目瞭然ですね。壁銀は上手の王を守るのに役立っていません。

 

というわけで▲4五歩と突いた方が圧倒的に勝ちやすいです。

二枚落ちは▲4五歩込みの手合い差と言ってもいいかもしれません。

定跡というのは先人たちが積み重ねてきたものなので、それなりに意味があったりなかったり。っておい。

ともかく私がもし二枚落ちの下手を持つことがあれば絶対に▲4五歩と突きます。

 

あと戻って第2図では、△5五歩と、上手の定跡外し「△5五歩止め」という指し方もあります(変化B図)。

f:id:shogi81komaochi:20170207122721p:plain

しかしこれも対応策を知っていれば大丈夫。また別の記事で書きますのでご安心を。

 

さて第4図からは「銀多伝」と「二歩突っ切り」という二つの有名な定跡に分かれます。

お好みで好きな方を勉強していきましょう。

 

駒落ちとは

その他

将棋は通常枚20枚対20枚と同じ数の駒で対局します(平手戦)。

しかし棋力に大きな差がある場合、勝ったり負けたりの勝負を楽しむことは難しいです。

そこで、対等な勝負ができるようにするために行われるハンデキャップ戦が

駒落ちです。

 

一口に駒落ちと言っても、初心者と指す八枚落ちと、奨励会でも指されている香落ちでは全然違います。

正直、八枚落ちや六枚落ちなどは下手にうまく指されるとどうにもならずに負けることもあります。でも上手を持つ方はつまらないと言わず、下手の方の上達を喜んでください。あなたにも初心者の時期があったのですから。

一方、飛車落ちとか角落ちになるとこれはただの真剣勝負です。香落ちはほとんど差がないとまで言えます。

 

駒落ちは下手にとっても上手にとっても将棋の上達に非常に役に立つと思います。駒を落とすことによってできる対等な勝負を皆さんぜひ楽しんでください。

 

 

<最後に駒落ちを指すうえで知っておくべきことをいくつか>

 

まずは手合いです。

代表的な手合い 上手が落とす駒
香落ち     左の香
角落ち     角
飛車落ち    飛
飛香落ち    飛、左の香
二枚落ち    飛、角
四枚落ち    飛、角、両方の香
六枚落ち    飛、角、両方の桂・香
八枚落ち    飛、角、両方の銀・桂・香

上に記した手合い以外にも、将棋道場によっては三枚落ち(二枚落ち+左の香)や五枚落ち(四枚落ち+左の桂)などがあったりします。将棋を覚えたばかりの人と指すなら歩三兵(上手、王と歩が三枚だけ)という手合いもあります。

 

駒を落とす側を上手(うわて)と呼び、その対局相手を下手(したて)と呼びます。

駒落ち戦では常に上手から指しますが符号は上手が△になり、下手が▲となります。

盤面は下手側から見たものになります。

(例:二枚落ち)

f:id:shogi81komaochi:20170207102843p:plain

初手からの指し手(例)

△6二銀▲7六歩△5四歩

f:id:shogi81komaochi:20170207102901p:plain

 一例ですが、このように符号で表していきます。

 

これから駒落ちの記事を書いていきますので、駒落ちを指す方の参考になれば嬉しいです。

 

究極のハンデ戦~歩三兵~

歩三兵

将棋のルールを覚えた方が、ある程度の棋力の人と初めに指す手合が

「歩三兵(ふさんびょう)」です。

f:id:shogi81komaochi:20170301160328p:plain

王将と歩が3枚だけの「歩三兵」という手合は究極のハンデ戦と言えるでしょう。

しかし、ルールを知っているだけの下手が勝つのは実はとても難しいのです。

 

もし身近に将棋を覚えたばかりの方がいたら、ぜひこの手合で指してみてください。

下手の方をうまく勝利に導いて、ぜひ将棋の楽しさを体感していただきましょう!

 

駒の動かし方を書いてある紙を見ながらでかまいません。

対局は駒を落とした上手から始まりますよ。

初手は△8六歩と打つ一手!

放っておくと△8七歩成と歩を取られて、「歩」が「と金」に変わってしまいます。

棋は対話なり・・・

相手の指した手に対応することは非常に大事です。ここで下手はどう指すのが正解でしょうか。

 

まずは、取れるものは取ってみようと▲同歩

f:id:shogi81komaochi:20170301160659p:plain

しかし、空いたスペースに△8七歩と二枚目の歩が飛んできて、なんと角が死んでしまいます!

f:id:shogi81komaochi:20170301160828p:plain

角の逃げ場がなく、次にどうやっても歩で角がとられてしまいます。

価値の低い駒で価値の高い駒を取られてしまうのは大損。

一手前に戻ってみましょう。

f:id:shogi81komaochi:20170301160431p:plain

 

▲同歩と歩を取る以外に、△8七歩成を防ぐ手はないのでしょうか?

 

そう、ここでは▲同歩に代えて▲7八銀(または▲7八金)と指すのが良い手です。

f:id:shogi81komaochi:20170301161010p:plain

以下△8七歩成▲同銀と歩を取り返すことができるのです。

f:id:shogi81komaochi:20170301161054p:plain

△8六歩と打ってきても▲同銀と歩を取り返すことができます。

f:id:shogi81komaochi:20170301161158p:plain

△8七歩▲7九角と逃げれば、角を取られずに済みました。

79にいた銀が86の地点に移動したので、79のスペースが空いて角が逃げることができるのです。

f:id:shogi81komaochi:20170301161300p:plain

 上手は王を動かすくらいですが、次に下手はどうするべきでしょうか?

f:id:shogi81komaochi:20170301161718p:plain

次は「飛車」を働かすために、飛車の前にいる歩をズンズン突いていきましょう。

この歩が一歩ずつ前に進むことによって、28の「飛車」が「竜」に成って敵陣に侵入することができるようになります。

f:id:shogi81komaochi:20170301162501p:plain

・・・と、こんな感じで、上手を持つ方は助言をしながら、下手の方を勝利へ導いてみてください。

 

そして対局を通して駒の動かし方ルール「成り」についてなど)駒を取る、取られるの概念を覚えてくれれば完璧です!

 

初手の△8六歩に対する

▲7八銀△8七歩成▲同銀の3手、これが「3手の読み」、将棋の基本であり将棋の面白さが詰まっています。

 

次の一手を考えるのはめちゃくちゃ頭を使います。

余談ですが、私最近囲碁を始めてみました。完全に初心者で、「囲碁_初心者」と検索して、超基本的な考え方・打ち方を勉強しながらやっているのですが、これがめちゃくちゃ難しい。

相手が次に何を打ってくるか、そして自分は次に何を打つべきか、まったくわからないのです。でも、それを考えるのがめちゃくちゃ面白い。

そして、ふと思ったのは、私が将棋を始めた時もこんな感覚を味わったのだろうかということです。

今こんなにも将棋に熱中していられるには、最初に教えてくれた方が将棋の面白さに気づかせてくれたからなんですね。

 

ぜひ、将棋を楽しんでおられる皆さんは、将棋を知らない周りの方にも、その面白さを広めてほしいなと思います。

将棋盤を挟んだだけで大人も子供も関係なく、楽しく真剣に勝負ができるのが将棋のいい所。頭脳スポーツの面白さはたくさんの人に味わってほしいですね。

 

・・・ ・・・

 

あれ、歩三兵についての記事ですが、いつのまにか将棋について語り始めてしまいました。後で見返すと少し恥ずかしいやつだ。

 

まあとにかく、身近に将棋を覚えたばかりの方がいたら、ぜひ歩三兵で指してみてはいかがでしょうか。

 

下手の方が、上手の王を着実に追い詰めれるようになれば、次は八枚落ちです!

はじめに

はじめに

このブログは将棋の「駒落ち」にスポットを当てました。

 

私は将棋道場で駒を落として将棋を指すことがたまにあります。

上手として最善を尽くして指したいという思いと、感想戦でどうやったら下手の方に分かりやすく伝えることができるだろうかと考え、色々な駒落ち定跡の本を読んで指し方を自分なりに考えました。

そこで改めて駒落ちの奥深さというのを感じました。

また、私が将棋を覚えたころのことを振り返ってみると、駒落ちでたくさん指導してもらった記憶があります。棋力向上に繋がりましたし、何より駒落ちで憧れのプロ棋士に勝てて嬉しかったです。

 

拙い文章ですがこれから駒落ちについて書いていこうと思います。

このブログを読んで駒落ちの楽しさ、奥深さを感じていただけたら嬉しいです。