将棋 駒落ち 上達への道

駒落ちについて考えるブログです。

銀多伝①基本の駒組み

「銀多伝(ぎんたでん)」の定跡を見ていきましょう。

前回の記事 二枚落ち定跡 はじめのはじめ - 将棋 駒落ち 上達への道 の続きです。

f:id:shogi81komaochi:20170207142313p:plain

銀多伝定跡

▲5六歩△7四歩▲6八銀△6二金▲5七銀△7三金▲4六銀左(第1図)

5筋を突いて左の銀を斜めに繰り出します。

f:id:shogi81komaochi:20170207142932p:plain

第1図以下の指し手

△8四金▲5八飛△7三桂▲4八玉△8五金▲3八玉△7六金▲7八金(第2図)

f:id:shogi81komaochi:20170207143936p:plain

そして飛車を5筋に持ってきて、玉を右に囲いましょう。

え?上手の金がニョキニョキ出てきたって? △7六金と歩を取られたら▲7八金と守っておけば大丈夫。

 

銀多伝をするときは、盤面の右側は下図を目指しましょう。平手ではなかなか見ない囲いですが、二枚落ちでは優秀です。銀が縦に並んでいるから、銀多伝と言うらしいです。よく分かりませんが。

f:id:shogi81komaochi:20170207143336p:plain

とにかく、この形をしっかり覚えて、これを目標に駒を動かしていきましょう。

 

指し手に戻ります。

第2図以下の指し手

△8四歩▲4八金△8五歩▲9八香(第3図)

f:id:shogi81komaochi:20170207144207p:plain

▲4八金と上がって囲いが引き締まりました。

そして先ほどの完成形にするため次に▲3七桂と指したくなりますが、

注意すべきは△8五歩△8五歩▲9八香と覚えましょう。

 

▲9八香と上がる前に▲3七桂とすると、以下△8六歩▲同 歩 △8七歩▲7九角(変化A図)となります。

f:id:shogi81komaochi:20170207150003p:plain

 角筋を逸らされると上手の釘付けになっていた金銀もほぐれ、厄介です。

▲9八香と上がってあると、同じように進んだ時に最後▲9九角(変化B図)とこちらに引けて角筋をキープできます。

f:id:shogi81komaochi:20170207150240p:plain

 

第3図あたりから上手の指し方が分かれるので、次の記事へ進みます。