読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋 駒落ち 上達への道

駒落ちについて考えるブログです。

香落ち 四間飛車①

香落ち上手四間飛車vs下手居飛車

 

初手から

△3四歩▲7六歩△4四歩▲2六歩△4二飛・・・と進めるのが普通ですが、

△3四歩▲7六歩△4二飛(図)とする手もあります。

f:id:shogi81komaochi:20170227160016p:plain

これは上手が△4四歩と角道を止めて相振り飛車にするのを嫌った意味があります。

対して下手が▲2六歩と居飛車で来れば、△4四歩(図)と通常の四間飛車に戻ります。

ちなみに、角交換四間飛車もなくはないですが、角交換をすると上手のほうがまとめづらい印象です。

f:id:shogi81komaochi:20170227155650p:plain

△4四歩からの相振りと、△4二飛からの相振りのどちらが指したいかは好みでしょうね。本記事のように下手が居飛車なら関係ないですが。

 

・上手美濃囲い

f:id:shogi81komaochi:20170227161456p:plain

まずは上手が美濃囲いの場合をみていきます。

対して、定跡書では下手が急戦が基本ですが、持久戦も考えられます。

上手△4四銀型、下手居飛車穴熊で仮に進めてみました。(図)

f:id:shogi81komaochi:20170227161611p:plain

下手が▲1六歩と突いたときに△1四歩と受けたら、▲1五歩と突っかける手があるので、香落ちを生かせないこともなく。

香落ちで持久戦は下手損と一般的には言われますが、実戦的に勝ちやすく有力だと思いますよ。

上図は仮想局面ですが、上手ももっと早く動いたり様々な工夫ができると思います。

 

・下手急戦

次に下手が急戦の場合をみていきます。

f:id:shogi81komaochi:20170227163255p:plain

図は下手が▲1六歩と突いたのに対し、△1四歩と受けた局面です。

上手の四間飛車では△1四歩と端歩を受けることが一般的です。

が、受けない手も考えられます。

f:id:shogi81komaochi:20170227163914p:plain

▲1四歩△同歩▲同香と攻める手はありますが、△1三歩▲同香成△同桂▲1八飛△1二飛の進行でどうか。三間飛車と似た変化で、これは難しい形勢だと思います。

端歩を受けない手も十分考えられるでしょう。

 

本譜は端歩を受けてみました。やっぱりよく指されるので。

f:id:shogi81komaochi:20170227165226p:plain

ここから有名な作戦は2つあります。

①▲7七銀△4三銀▲7九角 と進めるのが引き角作戦。

f:id:shogi81komaochi:20170227165529p:plain

△2二飛と受けて(▲1五歩△同歩▲2四歩は△同角▲同角△同歩▲1五香△2五歩で大丈夫)どう指すか、という局面です。

 

②▲5七銀左△6四歩▲3六歩△6三金▲3七銀△5四歩 と進む棒銀作戦も有力。

f:id:shogi81komaochi:20170227170013p:plain

以下▲2六銀と出て、△4五歩▲3三角成△同 銀▲3七銀と、角交換をして上手はまとめづらくないですか?とじっくり指すのが一案。

また、▲1五歩△同歩▲2四歩とすぐに仕掛けるのも有力です。

以下△同歩なら▲1五香、△同角なら▲2六銀と攻めます。

 

上手も△3二銀で待つか、△4三銀と上がるかなど工夫して指すことができます。

どの作戦で来てもすぐに潰れるということはなく、上手の四間飛車も優秀な作戦です。