将棋 駒落ち 上達への道

駒落ちについて考えるブログです。

香落ちの考え方(上手編)

香落ち上手は、左側の香車がいないので基本的に反対側に玉を囲う、

つまり振り飛車で戦うことになります。

香落ち上手には大きく分けて2つの指し方があると思います。

 

 

その1:力戦に持ち込む

2つの例を見ていただきましょう。

 

①3手目△5四歩(大野流向かい飛車)

 

初手から

△3四歩▲7六歩△5四歩▲2二角成△同 飛▲5三角△4二銀▲8六角成

f:id:shogi81komaochi:20170226205413p:plain

以下普通に進めてみるとこのような感じでしょうか。

f:id:shogi81komaochi:20170226210022p:plain

馬を作られてもいい勝負。上手陣は軽くていい形ですね。

 

②石田流

 

初手から

△3四歩▲7六歩△3五歩▲5六歩△3二飛

f:id:shogi81komaochi:20180622110127p:plain

▲5六歩に対して平手だと△4四歩と止めるのが最善と言われていますが……強気に△3二飛です。大丈夫でしょうか?

 

▲2二角成△同 銀▲6五角△2五角▲2六歩△4七角成▲5八金右△4六馬▲4八飛△6四馬▲4三角成△4二歩▲4四馬△6二玉 ▲6八玉△7二玉▲7八玉△5二金左

f:id:shogi81komaochi:20180622110433p:plain

これもいい勝負です。将来22の銀が動いても香車を取られる心配がありません。

 

2つとも平手で損と言われている指し方ですが、香落ち上手のメリットを生かした指し方です。

 

香落ちにおいて3手目△5四歩や石田流、中飛車、相振りなどはこれと決まった定跡がないので両者の構想力が問われる将棋になりやすいです。

香落ち分の実力差を見せつけるにはいい作戦と言えるでしょう。

 

香車なんてない方がいいんだ!\(^o^)/

 

その2:定跡を研究する

 

駒落ちの定跡は①長い間進んでいない、②下手が勝つように作られている部分もある

という特徴があります。

香落ちは微差なのにそんなに簡単に優勢になるはずがないんです。

 

例えば香落ちの王道、三間飛車

f:id:shogi81komaochi:20180622113712p:plain

 よくある仕掛けです。ただし上手陣の形は71玉・52金型や82玉72銀・41金型とかいろいろ工夫できるのが下手からするとややこしい。

 

そしてある定跡書通りに進めてみるとこうなります。

f:id:shogi81komaochi:20180622114153p:plain

この図は下手よしと書いてありますが、例えば△8四香▲3九歩△4六歩と進んでみてどうでしょうか。

34角のラインもちらつきますし、65銀~76銀のドリブルも嫌。筆者は下手をもって自信がないですね。

 

 

三間飛車四間飛車は下手は定跡どおりに攻めてくることが多いです。

穴熊などの持久戦にすると香落ちが生きにくいので、下手が急戦になるのは仕方ない面もあります)

 

定跡を研究することは、特定の変化に誘導しやすいというメリットがあります。

 

ただ、香落ちの研究は意味ないです()

やはり対局中に読む力を養うことが、棋力向上の観点からすると大事なのかなと思います。

 

 

と、大まかな2つの指し方、考え方(力戦・定跡)を紹介しました。

 

ちなみに、香落ち上手の筆者のおすすめの指し方は……毎局違う所に飛車を振ることです。色んな指し方を知ることは平手にも役立ちます。そして純粋に面白い。

 

香車がとられる心配がないので大捌きがしやすいですし、多少失敗しても実力差でなんとかなります。(ならないこともあります)

 

皆さんも香落ち上手LIFEを楽しみましょう!